BASEの商品登録を画像つきで解説!csvで一括登録するやり方も!

BASEの商品登録を画像つきで解説!csvで一括登録するやり方も!
悩む人
BASE(ベイス)に登録できたけど、商品登録ってどうやればいいんだろう…。
登録する商品も多いから、できれば一括登録する方法も知りたいんだけど。

このような悩みを解決します。

本記事の内容

  • BASEの商品登録方法をご紹介
  • BASEの商品を一括登録する方法
  • BASEの商品登録数を解説
ハジメ
この記事を書いている僕は、Web業界で仕事をして10年ほどです。
BASEを使ってネットショップを運営した経験があり、BASEの使い方は詳しいです。

BASE(ベイス)で商品を売るには、まずは商品登録が必須となります。

商品登録の方法として、1点づつ登録するやりかたもあれば、csvを使った一括登録方法もあるので、販売する商品数に応じて使い分けてください。

それでは、BASEの商品登録方法をご紹介してきますので、最後までお付き合いください。

\ ショップの開設実績 No.1  /

BASEの商品登録方法をご紹介

まずはじめに、BASEのログインページから、お手持ちのアカウントでログインします。
» BASEログイン画面

 

まだBASEに登録してない場合は、下記の記事を参考にしてアカウントを作成しておきましょう。
» BASEの会員登録や初期設定

 

管理画面メニューの「商品管理」ボタン

ログイン画面上部にあるメニューの「商品管理」をクリックします。

 

「+商品を登録する」ボタンをクリック

商品管理画面が表示されたら、画像赤枠の「+商品を登録する」ボタンをクリックします。

商品登録画面の入力項目を1つづつ解説

商品登録画面の入力項目を1つづつ解説

「商品登録」画面に移動したら、各項目を入力していきます。

入力方法がわからない方もいるかもしれないので、項目ごとに解説していきますね。

商品名

商品登録画面の「商品名」

まずは商品名を入力します。

入力は必須となりますので、最初に入力しておきましょう。

商品名入力ポイント
ここで入力する商品名は、ユーザーが商品の検索したときに、検索に引っかかる要素となります。
なるべく検索に引っかかりそうなキーワードを入れるといいです。

※商品名は255文字以内となります。

商品画像

商品登録画面の「商品画像」

商品画像の登録は、上記赤枠のなかに商品画像をドラッグ&ドロップするか、赤枠をクリックして商品を選択できます。

登録した画像は、ドラッグ操作で順番を入れ替えることもできますし、画像右上の「×ボタン」を押すと削除できます。

商品画像登録の仕様

  • 画像は20枚まで追加できます
  • 推奨サイズは1280px × 1280pxです
  • 10MB以内の画像ファイルを用意してください
  • 対応ファイル:jpg,png,gif

商品説明

商品登録画面の「商品説明」

登録する商品の説明を入力します。

商品画像と同じく、お客様の購入に大きな影響があるので、なるべく商品の良さが伝わるよう、丁寧に入力しましょう。

入力内容の一例

  • 商品のサイズ
  • 商品の重さ
  • 商品の素材や成分
  • 商品の味や匂い
  • 商品の生産地
商品説明入力のポイント
商品名と同じく、ユーザーが商品の検索したときに、表示される要素です。
検索に引っかかりそうなキーワードを入れておきましょう。

価格(税込)

商品登録画面の「価格(税込)」

商品の価格を設定します。

必須項目となっているので、税込表示の価格で設定しましょう。

※価格は50から500,000の間で設定する必要があります。

税率

商品登録画面の「税率」

登録する商品に対しての税率を設定します。

設定できる税率

  • 10%(標準税率)
  • 8%(軽減税率)

上記どちらかを設定する必要がありますが、販売する商品によって変わります。

軽減税率に設定する商品がわからなければ、国税庁のホームページより確認してみるとよいかと思います。

» 軽減税率制度 国税庁のホームページ

在庫と種類

商品登録画面の「在庫と種類」

商品の在庫数と、種類を入力します。

ここで設定する「種類」は、商品のサイズや味など、個別に設定することができます。

種類設定の注意点
種類ごとに価格設定ができないので、サイズや味、重さなどで価格がことなるのであれば、個別に商品登録する必要があります。

※在庫数の入力は必須ですが、種類は追加しなくても大丈夫です。

表示・公開

商品登録画面の「表示・公開」

新しく登録する商品を「一番上に表示」するか、商品を「公開する」のかチェックの選択で切り替えられます。

「一番上に表示」をチェック

過去に登録した商品があっても、ショップページでは一番最新の商品として表示されます。

「公開する」のチェック

「公開する」のチェックを入れて登録した場合、商品は公開状態になり、ショップページに表示されます。

チェックを外した場合は、非公開状態として商品が保存されます。

商品登録が完了したら商品の表示をチェックしよう

商品登録が完了したら、管理画面とショップ画面に反映されているかチェックしましょう。

商品登録が完了したら商品の表示をチェックしよう

登録が完了したら、商品管理の画面になりますが、赤枠の「公開状態」から、公開になっているか確認しましょう。

※公開・非公開は、クリックで切り替えられます。

 

「ショップを見る」ボタンをクリック

画面右上のボタンにマウスカーソルを当てて、「ショップを見る」ボタンをクリックします。

ショップのトップページで商品登録を確認

別ウィンドウでショップのトップページが表示されますので、商品が表示されているか確認しましょう。

もし商品が表示されていなければ、商品管理の画面に戻り、公開状態を確認してください。

 

商品詳細ページの表示確認

トップページの商品画像をクリックすると、商品詳細ページに移動します。

商品登録ページで設定した内容に間違いがないか、確認しましょう。

ハジメ
以上でBASEの商品登録は完了となります。
お疲れさまでした!

この次は商品を一括登録する方法を紹介しますので、商品登録する数が多い場合は参考にしてください。

BASEの商品を一括登録する方法

BASEの商品を一括登録する方法は、「CSV商品管理App」をインストールする必要があります。

その他にも、CSVファイルを編集するソフトやアプリが必要になります。

お使いのパソコンにExcel(エクセル)が入っていれば大丈夫ですが、もしソフトがない場合、違う編集アプリで代用しましょう。

CSVファイルが編集できるアプリケーション(無料)

他にもアプリはたくさんありますが、上記3つを選んでおけば問題ないかと思います。

もしアプリ選びに迷ったら、GoogleスプレッドシートがExcelと同じように使えるので、個人的にはおすすめです。

「CSV商品管理App」のインストール方法

「CSV商品管理App」のインストール方法

CSV商品管理Appのインストール手順を紹介します。

管理画面上部のメニュー「Apps」をクリックします。

CSV商品管理Appの検索

App追加画面の赤枠「キーワード検索」入力フィールドに「CSV商品管理」と打ち込み、検索ボタンを押します。

 

CSV商品管理Appの選択

CSV商品管理App」が表示されるので、クリックします。

 

CSV商品管理Appのインストール

インストール」ボタンを押すと、CSV商品管理Appのインストールが完了します。

「CSV商品管理App」を使って商品を一括登録する

「CSV商品管理App」を使って商品を一括登録する

CSV商品管理Appのインストールが完了すると、上記画面になります。

商品の一括登録をするために、まずはCSVファイルをダウンロードするのですが、商品登録に必要な項目のチェックを切り替え、「ダウンロード」ボタンを押しましょう。

※今回やることは商品登録なので、CSVファイルの種類選択は「商品を新規登録するための空のCSVファイル」にチェックを入れておきましょう。

 

CSVの読み込み画面

ダウンロードしたCSVを編集ソフトで読み込むと、上記のような表示になるかと思います。

※表示されいている画面はGoogleスプレットシートを使用しています。

表に商品登録の内容を追加していきますが、入力する項目は下記を参考にしてください。

CSVファイルに入力する項目

参照:ヘルプBASE |  CSV商品管理 Appについて

 

CSVファイルの入力サンプル

実際に一括登録するCSVファイルは、上記のようになります。

表への入力が全て完了したら、読み込んだファイル形式と同じくCSVファイルで書き出しましょう。

商品の一括登録・編集画面

先ほどのCSV商品管理Appの画面に戻り、①の左側メニュー「商品の一括登録・編集」をクリックして、商品の一括登録・編集画面を表示しましょう。

次に、②の「CSVファイルの追加」の赤枠に、書き出したCSVファイルをドラッグ&ドロップします。

登録する画像があれば、③の「画像ファイルの追加(zip形式)」の赤枠に、画像を圧縮したZIPファイルをドラッグ&ドロップします。

画像ファイルの追加のポイント
画像ファイルの追加は、フォルダをzip形式で圧縮しなくてはいけません。
フォルダを右クリックして、「”フォルダ”を圧縮」のような項目を選択すれば、zipファイルに圧縮できるかと思います。また、下記の点も注意しましょう。

  • エクセル表の「画像」に表記されているファイル名と、画像フォルダ内の画像ファイル名が一致する必要があります。
  • ファイル名に日本語を使うと正しく動作しません。
  • 商品画像のzipファイルは1GB以内にしないとアップロードできません。

 

CSVファイルと画像ファイルのアップロード

CSVファイルと画像ファイルのアップロードが済んだら、「アップロード」ボタンを押します。

 

アップロード履歴の表示

アップロードが完了すると、履歴ページにアップロード履歴として、先ほどアップロードした内容が表示されます。

 

商品管理ページ

商品登録されているか確認するため、「商品管理」ページを表示してみましょう。

エラーがなければ商品が追加されています。

 

一括登録完了通知メール

CSVファイルから商品を一括登録すると、メールでも商品が登録されたお知らせが届きます。

ショップトップページで商品登録確認

ショップのトップページを表示してみると、先ほど登録された商品が表示されていますね。

ハジメ
商品を一括登録する方法は、以上になります。

最初はCSVに商品情報を登録するのが、少しややこしいかもしれませんが、慣れれば1点づつ商品登録するよりも早いですね。

登録する商品数に応じて、一括登録と個別登録を使い分けると良さそうです。

ここまで商品の一括登録を説明してきましたが、「自分にはちょっと難しくて出来ないなぁ…」とか、「なんとなく理解できたけど、作業が面倒だなぁ…」なんて思うかもしれません。

そんな場合は、商品登録を代行してもらうなんて方法もあるんです。

ココナラというスキルマーケットでは、商品を代行して登録してくれるサービスも多数ありますので、商品登録作業が大変であれば依頼してみるのもアリですね。

» ココナラで商品登録の代行サービスを見る

BASEの商品登録数を解説

BASEは無料で使えるので、商品登録数はいくつまでか気になるところですよね。

結論から言うと、BASEの商品登録数に制限はありません。

なんと、他のネットショップサービスと違って、無料で使えるのに商品登録数に上限がないのは嬉しいですね。

それでは下記2点について、解説していきます。

  • BASEの「商品登録数」
  • BASEの「商品更新件数」

BASEの商品登録数について

BASEでは、商品登録数に上限はありません。

補足として、1日に登録できる商品登録数は1,000件までとなります。

CSVファイルでの一括登録も同じです。

公式のヘルプページにも書いてあるので、下記を参考にしてみてください。

登録商品やデータ容量に上限はございませんが、1日に登録できる商品数は最大1,000件です。

なお、商品数が多い場合には、ショップページが正しく表示されなかったり、
ご利用時に動作が遅くなる可能性がございますことご了承ください。

引用:ヘルプBASE

BASEの商品更新件数について

BASEでは、商品の更新件数に上限はありません。

ただし、CSVファイルで更新できるのは1度に10,000件までとなります。

公式サイトのヘルプページにも明記されてますので、ご確認ください。

1日に新規登録できる商品数(種類を含む)は最大1,000件です。(更新件数に上限はありませんが、1度のCSVファイルで更新できるのは10,000件までです。)

引用:ヘルプBASE

BASEの商品登録は柔軟に対応しましょう

今回は、BASEの商品登録について解説してきました。

最後にお伝えしたいのは、商品登録をするとき、下記2点を意識するといいです。

  • 販売する商品が少ない場合は「個別に商品登録
  • 販売する商品が多い場合は「CSVで一括登録

BASEで商品を売るために、商品登録は必須の作業となります。

最初は慣れない作業ですが、やっているうちにスピードアップしていくかと思いますので、まずは少しづつ操作に慣れていきましょう。

\ ショップの開設実績 No.1  /

また、これからBASEを始めようと考えてる方は、「BASEの会員登録や初期設定」の記事を参考にしてください。

今回は以上です!

 



広告